Home > 社員ブログ

【オリレッド】2018.02.23 福井県の雪の被害

2月の連休に久しぶりに泊りで福井県芦原温泉に行ってきました!

と楽しくお伝えしたいところですが、福井県嶺北地域の降雪がすさまじく、帰ってこられたことにほっとしています。というわけでこの冬のあわら市の雪の被害をお伝えしたいと思います。

ニュースでご存じかと思いますが、2/7・2/8あたりで、1日に3メートルもの雪が積もり、交通状態が著しく悪い状況に陥っていました。芦原温泉駅から温泉街まで通常は車で10~15分程度と聞いていましたが、実際には、温泉街まで1時間5分もかかりました。駅までお迎えに来ていただいていた方に、「必ず、お手洗いを済ませてからご乗車ください!」と言われ、何をそんなに大げさな…と思っていましたが、あらゆる道路で車がスタックして通れなくなっている道路が多々あり、運転手の方は逐一状況を確認しながら、Uターンも繰り返し、通行可能な道を探してくださいました。

自衛隊なども派遣されていたようですが、除雪が行き届いておらず除雪車までがスタックしていたり、道路の状況は例外なしにパニック状態となっていました。

道路わきの民家では、道路に出るための道が雪で防がれており、車を出すために道路の雪かきを必死でされていたのが印象的でした。

奈良に住んでいると、雪が降れば子供たちが喜ぶという印象しかなかったですが、町がパニックに陥ることを想像すると、単純に喜べないな…と痛感させられます。

写真の内1枚は、泊まっていた旅館の風景ですが、真剣に庭が雪だらけ…

庭

他2枚は芦原温泉駅のホームですが、ホーム内をすれ違うことができないレベルで雪が積もっていたという光景です。

ホーム

image2

私はもちろんのこと、関西人は雪に全く慣れていないと思いますので、皆さんも激しい降雪地域に足を踏み入れるときはご注意ください。

« | »